-

急に遭遇するのが車の事故です。価格キャッシュバック

この場面でどう対応したことで、自動車の保険金の額も全く変わってくる場面も想定されますので冷静な判断と対策が大事です。

想像も出来ないケースで気が動転してしまえば事を見失ってしまい、後々自らがかなりの損を負わされることもありえるので乗用車の事故に巻き込まれた状況では以下に述べる対応をしましょう。

自動車事故を起こしてしまったケースでまずする必要があるのは怪我をした人がいるかどうかの確認です。

事故後は頭が混乱してぼうぜん自失となってしまうことがあり短期間で行動を起こせないのが当然です。

その場合、負傷した人がいた場合は安全が確認されたところへ運んでからできる限りの処置して周囲の人に助けを呼ぶなどを行い怪我人の優先を心掛けましょう。

119番に電話をする場合には適切な位置を告げて分からない場合には近くのよく知られているスーパーや交差点を知らせてその位置が分かるようにします。

2番目に110番に通報し、自動車事故があった旨、現状を説明します。

救急車と警察の到着を待っている間に相手側の情報をチェックします。

氏名、住んでいるところ、TEL番免許証、ナンバープレートの番号、事故相手の保険の会社名等それぞれのことを教えあいます。

この時相手に違反がある場合は、すぐにやり取りしようとする場合がよくありますが事故現場で片付けるのではなくどういう場面だったにせよ110番や自動車の保険会社連絡して正しくチェックしてもらうようにしましょう。

それぞれの身元を教えあったら他者の妨害にならないように障害となる物を道から除去します。

もし妨げになった物が他の自動車の障害物となっている状況ならそれぞれの情報を交換するより優先してそれを行ってしまっても問題はないです。

その次に自らが加盟している車の保険会社に電話をして自動車の事故があった事を報告します。

事故から特定期間内で保険会社に知らせておかないと、交通事故の保険の適用除外にされることも考えられるので時間が出来たら早く行動することが大事です。

可能ならば事故の現場の形跡としてデジタルカメラや携帯のカメラ等で現場や愛車の破損を見ることができる写真を写しておきます。

この写真は過失割合を決める時にかなり重要な証明とできますので、自らの愛車や相手のクルマの破損箇所をしっかりと手がかりとして残しておくことが重要です。

この場面で目撃者がいれば警察の人や保険会社の人が来るまで現場にそのままいてもらうよう頼むのも必要不可欠です。

Category

リンク