-

クルマを手放す際、車両の査定時もどちらも印鑑証明が必要です。湯上りカラダ美人

この印鑑証明に関して解説していきます。http://www.hok-shaho-hsp.jp/%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%b3

印鑑証明という書類は、ある印鑑に対して、それが実印であることを実証する書面です。スーツカンパニー通販

印鑑証明書がないのであれば使っている印鑑が実印として認められていることがわかりません。キレイモ 宇都宮

大金が動く売買になる自動車の売買ですので、どうしても実印が要ることになりますが、それとセットでこの印鑑証明も出てきます。

印鑑証明という書類を発行するためには印鑑証明しておかなければなりません。

印鑑証明書に登録する印は普通、実印といいこの世に一つだけの印鑑でなくてはなりません。

この印を用意して近所の市役所などの受付へいけば印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば、印鑑登録カードというものを発行してもらえて、その印鑑は実印ということになります。

印鑑証明書を交付してもらうためには、役所の取次ぎ所へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを持って行く必要があります。

他にも自動交付機でも印鑑証明書を交付することができます。

印鑑証明そのものには有効期限はないのです。

ですので、いつ取得した印鑑証明でも印鑑証明としての効力は半永久的に持続することになります。

しかしながら、中古車買い取りの時は、必要となる印鑑証明は3ヶ月以内に交付されたものでなければ無効になります。

通常は期限を定める必要はありませんが所有車の買取のときには、買い取る側が有効期限を教えてくれるので、もし中古車の買い取りを検討しているとしたらあらかじめ手元に置いておくことが望ましいです。

Category

リンク